ふぉーしーずん

美しいもの、へェ~と思ったもの、感動したもの等、あれやこれやを写真に撮ってお届けします。

竹有上下節 

MG_3250.jpg


タイトルは禅語です(たけにじょうげのふしあり)。松無古今色(まつにここんのいろなし)」と対句になっていて

『季節や年月が変わっても、松の緑は変わらずいつも同じである。
しかし、古葉と若葉の古今の差別が歴然としてある。

竹の節には節という上下の差があるけれど、全体としては差別の無い同じ一本の竹である。
つまり、平等の中に差別があり、差別の中に平等があるということである。

家庭には親子男女の違いがあり、組織にも上下の関係が有り、
社会には貧富の差があり、長幼の序があって調和する。

それを老幼の差別順序を無視したり、暮らしの貧富や人を優劣として重視するのではなく、
人間や物事としての本来の平等に目を向けなさい』(禅語解説より)

・・・・・とのこと。




以前、小学校の運動会で1番、2番という順位を設定しない、ということがあったわねェ・・・。
それってかえって、差別のダメ押しだったのではないかしら?・・・・・(~ヘ~;)ウーン













スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moo18.blog106.fc2.com/tb.php/42-5193a8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)