ふぉーしーずん

美しいもの、へェ~と思ったもの、感動したもの等、あれやこれやを写真に撮ってお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

赤と白 

MG_3694.jpg

門を出入りするたびに目に付く彼岸花。
年月を経るごとに少しずつ増えてくる、鮮やかな赤、。










MG_3702.jpg

こちら、草木の陰に咲く「糸水仙」.....、そう呼んでいるけれど
ホントは何という名だろうか・・・・・

目立たない草花なのに白が目に鮮やか。あたしはここ、と主張している。











MG_3668.jpg

秋明菊の白

MG_3672.jpg












紫のおまけ画像で~す^^;

MG_3710.jpg












スポンサーサイト
thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

彼岸花 

最初はこんな形。
楚々として慎ましやかにのぞかせる可憐(?)な顔。


MG_3663.jpg







時が経つにつれ、だんだんわがままになっていくよう・・・
新妻から古女房になっていくみたいに・・・


MG_3665.jpg


「ガマンしてられないわ!私の好きにするわ!・・・」









最後には・・・・・

MG_3659.jpg


ツノを出す!









thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

曼珠沙華 

伊勢崎市境町の「早川淵の彼岸花」

MG_3643.jpg


それほど広い土地ではないけれど、雑木の下が赤、赤、赤・・・
うちのはまだ咲いてないのに、見ごろだと言うので訪ねてみた。




MG_3629.jpg


「天上の花」という意味を持つ曼珠沙華。


MG_3639.jpg



MG_3632.jpg




仏教経典に、おめでたい事が起こる予兆として「赤い花」が天から降ってくるとあるらしい。
でもその妖しい雰囲気は、花の形や色ゆえか・・・、それとも「彼岸花」という名の所為か・・・・











thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

指標 

MG_3580.jpg


日差しが夏のものではなくなってきて、今までは出来なかった影が出現した。

「秋はこちら」と・・・・・










MG_3611.jpg


夏と秋が同居してる^^。









MG_3569.jpg


一週間ほど前の、開き始めたニラの花。
今はもう盛りを過ぎている。
生者必滅がこんなところにも・・・・・。








竹有上下節 

MG_3250.jpg


タイトルは禅語です(たけにじょうげのふしあり)。松無古今色(まつにここんのいろなし)」と対句になっていて

『季節や年月が変わっても、松の緑は変わらずいつも同じである。
しかし、古葉と若葉の古今の差別が歴然としてある。

竹の節には節という上下の差があるけれど、全体としては差別の無い同じ一本の竹である。
つまり、平等の中に差別があり、差別の中に平等があるということである。

家庭には親子男女の違いがあり、組織にも上下の関係が有り、
社会には貧富の差があり、長幼の序があって調和する。

それを老幼の差別順序を無視したり、暮らしの貧富や人を優劣として重視するのではなく、
人間や物事としての本来の平等に目を向けなさい』(禅語解説より)

・・・・・とのこと。




以前、小学校の運動会で1番、2番という順位を設定しない、ということがあったわねェ・・・。
それってかえって、差別のダメ押しだったのではないかしら?・・・・・(~ヘ~;)ウーン













あッ!、そうだ!! 


「忘れてた!!、あれをしなくっちゃ・・・ε=ε=ε=(┌  ̄_)┘シュタシュタシュタ...」

MG_3024.jpg



この頃の管理人は、こんな具合です(・Θ・;)アセアセ…













thread: いろんな写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。